根を食べる野菜

カブの育て方

カブの育て方です。カブは3月~4月(春まき)と9月~10月(秋まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は5月~6月と10月~12月です。根径が5cmになったら収穫します。根の大きさによって、小カブから大カブまであります。
根を食べる野菜

キクイモの育て方

キクイモの育て方です。キクイモは3月~4月に種芋を植え付けて栽培します。収穫時期は10月~12月です。草丈は2m以上にもなるので、強風の当たらない場所に植え付けます。茎葉が枯れてきたら、土中から塊茎(芋)を掘り出して収穫します。
根を食べる野菜

ゴボウの育て方

ゴボウの育て方です。ゴボウには長根種と短根種があります。家庭菜園では栽培の容易な根長40cm前後の短根種がおすすめです。短根種は4月~8月に種をまいて栽培します。収穫時期は6月~1月です。根径1~2cmになったら収穫します。
根を食べる野菜

サツマイモの育て方

サツマイモの育て方です。サツマイモは5月に苗を植え付けて栽培します。収穫時期は9月~11月です。葉がやや黄色くなり始めた頃に収穫します。肥料に窒素分が多いと、茎葉ばかりが成長して、芋の肥大が悪くなるので、肥料の与え過ぎに注意します。
根を食べる野菜

サトイモの育て方

サトイモの育て方です。サトイモは4月~5月に種芋を植え付けて栽培します。収穫時期は10月~11月です。霜が降りる前に収穫を終えるようにします。サトイモは種芋の上に芋ができます。生育中、芋を太らせるため、忘れずに土寄せを行います。
根を食べる野菜

ジネンジョ、ナガイモ、ツクネイモの育て方

ジネンジョ(自然薯)、ナガイモ(長芋)、ツクネイモ(捏芋)の育て方です。いずれも4月~5月に種芋を植え付けて栽培します。収穫時期は10月~12月です。地上部が枯れてきた頃に収穫します。ジネンジョは長さ1m以上にもなる芋です。ヤマイモと呼ばれることもあります。
根を食べる野菜

ジャガイモの育て方

ジャガイモの育て方です。ジャガイモは2月~3月(春植え)と8月~9月(秋植え)に種芋を植え付けて栽培します。収穫時期は6月~7月と11月~12月です。茎葉が枯れてきたら収穫します。芋は種芋の上にできるので、生育中、何度か土寄せを行います。
根を食べる野菜

ショウガの育て方

ショウガの育て方です。ショウガは4月~5月に種ショウガを植え付けて栽培します。収穫時期は7月~8月と10月~11月です。夏に収穫すれば葉ショウガとして、秋に収穫すれば根ショウガとして利用できます。特有の辛味があります。
根を食べる野菜

ダイコンの育て方

ダイコンの育て方です。ダイコンは4月(春まき)と8月~9月(秋まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は6月と10月~12月です。根径が6~7cmになった頃に収穫します。冷涼な気候を好むので、秋からの栽培がおすすめです。
根を食べる野菜

チョロギの育て方

チョロギの育て方です。チョロギは3月~4月に塊茎を植え付けて栽培します。収穫時期は11月~12月です。茎葉が枯れはじめた頃に収穫します。チョロギは巻貝みたいな形をしています。梅酢で赤く染めて、おせち料理などに使用します。
根を食べる野菜

テーブルビートの育て方

テーブルビートの育て方です。テーブルビートは3月~4月(春まき)と8月~9月(秋まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は6月~7月と11月~12月です。根の直径が5~6cmの頃に収穫します。煮込み料理のボルシチには欠かせない食材です。
根を食べる野菜

ニンジンの育て方

ニンジンの育て方です。ニンジンは3月~4月(春まき)と7月~8月(夏まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は7月~8月と11月~2月です。根の直径が4~5cmの頃に収穫します。根長15~20cmの五寸ニンジンが現在の栽培の主流です。
根を食べる野菜

ハツカダイコンの育て方

ハツカダイコンの育て方です。ハツカダイコンは3月~5月(春まき)と9月~10月(秋まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は4月~6月と10月~12月です。根の直径が2cmくらいになったら収穫します。種まきから30~40日で収穫できます。
根を食べる野菜

ヤーコンの育て方

ヤーコンの育て方です。ヤーコンは4月~5月に苗を植え付けて栽培します。収穫時期は10月~11月です。霜が降りる前に収穫します。芋は生でも食べられます。草丈は2mほどになるので、他の野菜の成長の邪魔にならない場所で栽培します。
根を食べる野菜

レンコンの育て方

レンコンの育て方です。レンコンは4月に種レンコンを植え付けて栽培します。収穫時期は10月~3月です。茎葉が枯れた頃に収穫します。栽培用のプールを作れば家庭でも栽培できます。1坪のスペースで2株栽培できます。
スポンサーリンク