野菜の育て方

野菜の育て方

ジャガイモの育て方

ジャガイモの育て方です。ジャガイモは2月~3月(春植え)と8月~9月(秋植え)に種芋を植え付けて栽培します。収穫時期は6月~7月と11月~12月です。茎葉が枯れてきたら収穫します。芋は種芋の上にできるので、生育中、何度か土寄せを行います。
野菜の育て方

シュンギクの育て方

シュンギク(春菊)の育て方です。シュンギクは3月~5月(春まき)と9月~10月(秋まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は5月~6月と10月~12月です。草丈が20~25cmになったら収穫します。生食に適したサラダ用の品種もあります。
野菜の育て方

ショウガの育て方

ショウガ(生姜)の育て方です。ショウガは4月~5月に種ショウガを植え付けて栽培します。収穫時期は7月~8月と10月~11月です。夏に収穫すれば葉ショウガとして、秋に収穫すれば根ショウガとして利用できます。特有の辛味があります。
野菜の育て方

スイカの育て方

スイカ(西瓜)の育て方です。スイカは5月に苗を植え付けて栽培します。収穫時期は7月~8月です。受粉後35~45日が収穫の目安です。栽培には広いスペースが必要ですが、小玉スイカならプランターでも栽培できます。
野菜の育て方

スイスチャードの育て方

スイスチャードの育て方です。スイスチャードは4月~10月に種をまいて栽培します。収穫時期は5月~12月です。草丈が20~25cmになったら収穫します。葉柄の色がカラフルなのが特徴です。耐暑性が強く、夏でも栽培できます。
野菜の育て方

ズッキーニの育て方

ズッキーニの育て方です。ズッキーニは4月~5月に苗を植え付けて栽培します。収穫時期は6月~8月です。果実が長さ20cm程度になったら収穫をします。果実だけでなく若い花も食用になります。つるは伸びませんが、カボチャの仲間です。
野菜の育て方

セロリの育て方

セロリの育て方です。セロリは5月~6月に種をまいて栽培します。収穫時期は11月~12月です。草丈が30~40cmになったら収穫します。セロリは独特の強い芳香と歯ごたえが特徴の香味野菜です。繊維質も豊富です。
野菜の育て方

ソラマメの育て方

ソラマメ(空豆)の育て方です。ソラマメは10月~11月に種をまいて栽培します。収穫時期は5月~6月です。上を向いていたサヤが下を向くようになったら収穫します。花芽分化に低温が必要なので通常、秋まきで栽培します。生食できる品種もあります。
野菜の育て方

ターサイの育て方

ターサイ(タアサイ)の育て方です。ターサイは4月~5月(春まき)と8月~10月(秋まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は5月~6月と10月~2月です。株の直径が20~25cmの頃に収穫します。寒さにあたると甘味が増すので、秋からの栽培が最適です。
野菜の育て方

ダイコンの育て方

ダイコン(大根)の育て方です。ダイコンは4月(春まき)と8月~9月(秋まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は6月と10月~12月です。根径が6~7cmになった頃に収穫します。冷涼な気候を好むので、秋からの栽培がおすすめです。
野菜の育て方

タマネギの育て方

タマネギ(玉葱)の育て方です。タマネギは9月に種をまいて栽培します。収穫時期は5月~6月です。全株の8割の株の葉が倒れた頃に収穫します。中晩生種なら、収穫後、長期保存ができます。苗や子球を植え付けて栽培することもできます。
野菜の育て方

チョロギの育て方

チョロギの育て方です。チョロギは3月~4月に塊茎を植え付けて栽培します。収穫時期は11月~12月です。茎葉が枯れはじめた頃に収穫します。チョロギは巻貝みたいな形をしています。梅酢で赤く染めて、おせち料理などに使用します。
野菜の育て方

チンゲンサイの育て方

チンゲンサイ(青梗菜)の育て方です。チンゲンサイは4月~5月(春まき)と9月(秋まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は6月~7月と10月~11月です。草丈が15~20cmの頃に収穫します。短期間で収穫できるミニサイズのチンゲンサイもあります。
野菜の育て方

ツルムラサキの育て方

ツルムラサキの育て方です。ツルムラサキは5月~6月に種をまいて栽培します。収穫時期は7月~10月です。やわらかいつる先を順次摘み取って収穫します。ツルムラサキはつる性の野菜で、暑さに強く、夏でも旺盛につるが伸びます。
野菜の育て方

テーブルビートの育て方

テーブルビート(ビーツ)の育て方です。テーブルビートは3月~4月(春まき)と8月~9月(秋まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は6月~7月と11月~12月です。根の直径が5~6cmの頃に収穫します。煮込み料理のボルシチには欠かせない食材です。
野菜の育て方

トウガラシ、シシトウの育て方

トウガラシ(唐辛子)、シシトウ(獅子唐)の育て方です。どちらも5月に苗を植え付けて栽培します。収穫時期は6月~10月です。トウガラシは実が赤く色づいた頃、シシトウは実の長さが5~7cmになった頃に収穫します。シシトウには辛味はありません。
野菜の育て方

トウモロコシの育て方

トウモロコシの育て方です。トウモロコシは4月~5月に種をまいて栽培します。収穫時期は7月~8月です。雌穂の絹糸が褐色になった頃に収穫します。風媒によって受粉するので、受粉しやすくなるよう、2列以上で栽培します。
野菜の育て方

トマトの育て方

トマトの育て方です。トマトは4月~5月に苗を植え付けて栽培します。収穫時期は7月~8月です。実がヘタの付近まで赤くなって成熟した頃に収穫します。大玉トマトは開花から60日程度で成熟します。加熱調理に適した調理用のトマトもあります。
野菜の育て方

ナスの育て方

ナス(茄子)の育て方です。ナスは4月~5月に苗を植え付けて栽培します。収穫時期は6月~10月です。実の長さが10~12cmになったら収穫します。ナスには形状、大きさ、色の異なる多くの品種があります。生で食べられる品種もあります。
野菜の育て方

ナバナの育て方

ナバナ(菜花)の育て方です。ナバナは8月~10月に種をまいて栽培します。収穫時期は10月~3月です。伸びてきたとう(花茎)を収穫します。とう立ちした、チンゲンサイやコマツナなどの葉菜類もナバナとして利用できます。
野菜の育て方

ニラの育て方

ニラ(韮)の育て方です。ニラは3月~4月(春まき)と9月~10月(秋まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は5月~10月(2年目以降)です。草丈が25~30cmになったら収穫します。収穫後も葉は次々と伸びてくるので、何度も収穫できます。
野菜の育て方

ニンジンの育て方

ニンジン(人参)の育て方です。ニンジンは3月~4月(春まき)と7月~8月(夏まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は7月~8月と11月~2月です。根の直径が4~5cmの頃に収穫します。根長15~20cmの五寸ニンジンが現在の栽培の主流です。
野菜の育て方

ニンニクの育て方

ニンニクの育て方です。ニンニクは9月~10月に鱗片を植え付けて栽培します。収穫時期は5月~6月です。葉の3~5割が枯れた頃に収穫します。ニンニクは栽培期間の長い野菜です。臭いのもと、アリシンには疲労回復などの効果があります。
野菜の育て方

ネギの育て方

ネギ(葱)の育て方です。ネギには長ネギと葉ネギがあります。長ネギは3月~4月、葉ネギは3月~9月に種をまいて栽培します。収穫時期は長ネギが11月~2月、葉ネギは5月~11月です。長ネギは何度も土寄せをして、葉鞘部を白くします。
野菜の育て方

ハクサイの育て方

ハクサイ(白菜)の育て方です。ハクサイは8月~9月に種をまいて栽培します。収穫時期は11月~1月です。結球部を押さえてみて、硬く締まっていたら収穫します。暑さに弱く、冷涼な気候を好むので、夏まきで栽培します。
野菜の育て方

パセリの育て方

パセリの育て方です。パセリは3月~5月に種をまいて栽培します。収穫時期は7月~5月です。外葉から順に2~3枚ずつ摘み取って収穫します。葉が縮れた縮葉種(モスカールドパセリ)と葉が平たい平葉種(イタリアンパセリ)があります。
野菜の育て方

ハツカダイコンの育て方

ハツカダイコン(二十日大根)の育て方です。ハツカダイコンは3月~5月(春まき)と9月~10月(秋まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は4月~6月と10月~12月です。根の直径が2cmくらいになったら収穫します。種まきから30~40日で収穫できます。
野菜の育て方

ピーマン、パプリカの育て方

ピーマン、パプリカの育て方です。どちらも5月に苗を植え付けて栽培します。収穫時期は6月~10月です。ピーマンは実の長さ6~7cm、パプリカは果実全体が色づいた頃に収穫します。果肉が厚い、大果のベル型ピーマンがパプリカと呼ばれています。
野菜の育て方

ブロッコリー、スティックブロッコリーの育て方

ブロッコリー、スティックブロッコリーの育て方です。どちらも7月~8月(夏まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は10~12月です。ブロッコリーは頂花蕾(ちょうからい)を、スティックブロッコリーは長く伸びた側枝と側花蕾(そくからい)を食用にします。
野菜の育て方

ベビーリーフの育て方

ベビーリーフの育て方です。ベビーリーフは4月~6月と9月~10月に種をまいて栽培します。収穫時期は5月~8月と10月~11月です。草丈が10cmになったら収穫します。野菜の若い葉を摘みとったものがベビーリーフです。種まきから20~30日で収穫できます。