育て方

野菜の育て方

ホウレンソウの育て方

ホウレンソウ(法蓮草)の育て方です。ホウレンソウは3月~5月(春まき)と9月~10月(秋まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は4月~6月と10月~12月です。草丈が20~25cmになったら収穫します。生食できる品種もあります。
野菜の育て方

ミズナの育て方

ミズナ(水菜)の育て方です。ミズナは9月(秋まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は10月~2月です。小株どりの場合、草丈が20cm以上になったら収穫できます。大株になると葉数は数百枚にもなります。
野菜の育て方

ミツバの育て方

ミツバ(三つ葉)の育て方です。ミツバは4月~6月(春まき)と9月~10月(秋まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は5月~8月と10月~11月です。草丈が20cm以上になったら収穫します。再び伸びてくるので何度も収穫できます。半日陰でも育ちます。
野菜の育て方

ミョウガの育て方

ミョウガ(茗荷)の育て方です。ミョウガは3月~4月に地下茎または苗を植え付けて栽培します。収穫時期は7月~10月です。開花前の蕾を収穫します。蕾のほか、軟化栽培した若茎も食べられます。半日陰の湿った場所を好みます。
野菜の育て方

メキャベツの育て方

メキャベツ(芽キャベツ)の育て方です。メキャベツは7月に種をまいて栽培します。収穫時期は11月~2月です。芽球の直径が2.5cmくらいになったら収穫します。メキャベツは長く伸びた茎に小さなキャベツ(芽球)が鈴なりにつきます。
野菜の育て方

メロンの育て方

メロンの育て方です。メロンは5月に苗を植え付けて栽培します。収穫時期は7月~8月です。受粉後40~45日が収穫の目安です。メロンは栽培難度がかなり高いので、初心者には作りやすいノーネット系の品種がおすすめです。
野菜の育て方

モロヘイヤの育て方

モロヘイヤの育て方です。モロヘイヤは4月~5月に種をまいて栽培します。収穫時期は7月~10月です。やわらかい茎葉を順次摘み取って収穫します。ビタミン類やミネラル分を豊富に含む健康野菜です。暑さに強く、夏場でもよく生育します。
野菜の育て方

ヤーコンの育て方

ヤーコンの育て方です。ヤーコンは4月~5月に苗を植え付けて栽培します。収穫時期は10月~11月です。霜が降りる前に収穫します。芋は生でも食べられます。草丈は2mほどになるので、他の野菜の成長の邪魔にならない場所で栽培します。
野菜の育て方

ラッカセイの育て方

ラッカセイ(落花生)の育て方です。ラッカセイは5月に種をまいて栽培します。収穫時期は9月~10月です。茎葉が黄変してきた頃に収穫します。ラッカセイはマメ科の野菜ですが、サヤ(マメ)は地上ではなく、地中にできます。
野菜の育て方

ラッキョウの育て方

ラッキョウの育て方です。ラッキョウは8月~9月に種球を植え付けて栽培します。収穫時期は6月~7月です。葉が枯れてきた頃に収穫します。ラッキョウは特有の臭いと辛味があります。春に若どりしたものはエシャレットと呼ばれます。
野菜の育て方

リーキの育て方

リーキの育て方です。リーキは3月~4月に種をまいて栽培します。収穫時期は11月~2月です。生育中、何度も土寄せをして葉鞘部を軟白します。軟白部の長さが20cm程度になったら収穫します。栽培方法は長ネギとほぼ同じです。
野菜の育て方

ルッコラの育て方

ルッコラの育て方です。ルッコラは3月~6月と9月~10月(秋まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は5月~7月と10月~12月です。草丈が15cm以上になったら収穫します。ピリッとした辛みとゴマの香りがするハーブです。
野菜の育て方

ルバーブの育て方

ルバーブの育て方です。ルバーブは3月~4月に種をまいて栽培します。収穫時期は5月~6月(2年目以降)です。葉柄の長さが30~50cmになったら収穫します。独特の香りと酸味がある葉柄をジャムなどに利用します。
野菜の育て方

レタス、リーフレタスの育て方

レタス、リーフレタスの育て方です。どちらも3月~4月(春まき)と8月~9月(秋まき)に種をまいて栽培します。収穫時期は5月~6月と10月~12月です。レタスは玉が硬く締まった頃、リーフレタスは株の直径が25~30cmの頃に収穫します。
野菜の育て方

レンコンの育て方

レンコン(蓮根)の育て方です。レンコンは4月に種レンコンを植え付けて栽培します。収穫時期は10月~3月です。茎葉が枯れた頃に収穫します。栽培用のプールを作れば家庭でも栽培できます。1坪のスペースで2株栽培できます。
野菜の育て方

ワケギの育て方

ワケギ(分葱)の育て方です。ワケギは8月~9月に種球を植え付けて栽培します。収穫時期は10月~11月と3月~4月です。草丈20~30cmになった頃に収穫します。冬は地上部がほとんど枯れますが、春になると再び、芽を出します。
山菜の育て方

ウコギの育て方

ウコギの育て方です。ウコギは12月~3月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は4月~6月です。やわらかな若葉を摘み取って収穫します。ご飯に若葉を混ぜてウコギ飯にすると、独特の香りとほろ苦さが楽しめます。
山菜の育て方

ウドの育て方

ウド(独活)の育て方です。ウドは4月~5月に根株を植え付けて栽培します。収穫時期は4月~5月(2年目以降)です。若茎が30cm程度伸びた頃に収穫します。スーパーなどで見かける白いウドは、暗室の中で育てたものです。
山菜の育て方

オオバギボウシ(ウルイ)の育て方

オオバギボウシの育て方です。オオバギボウシは3月~4月(春植え)と10月~11月(秋植え)に根株を植え付けて栽培します。収穫時期は4月~5月(2年目以降)です。葉が開く前の若芽を収穫します。東北地方ではウルイと呼ばれています。
山菜の育て方

クサソテツ(コゴミ)の育て方

クサソテツ(コゴミ)の育て方です。クサソテツは3月~4月(春植え)と11月(秋植え)に根株を植え付けて栽培します。収穫時期は4月(2年目以降)です。草丈が10~15cmの頃に収穫します。アクがないので、調理しやすいのが特徴です。
山菜の育て方

タラノキ(タラノメ)の育て方

タラノキの育て方です。タラノキは3月~4月に種根を植え付けて栽培します。収穫時期は4月(2年目以降)です。頂芽が10cm前後に伸びた頃に収穫します。タラノキ(タラの木)の新芽をタラノメ(タラの芽)といいます。
山菜の育て方

ノビルの育て方

ノビル(野蒜)の育て方です。ノビルは9月~10月に種球を植え付けて栽培します。収穫時期は4月~5月です。草丈が50cmになった頃に収穫します。若い葉と地下にできる鱗茎(球根)を食用にします。鱗茎には独特の辛味があります。
山菜の育て方

フキの育て方

フキ(蕗)の育て方です。フキは3月(春植え)と9月(秋植え)に地下茎を植え付けて栽培します。収穫時期は2月~3月と5月~6月(2年目以降)です。フキノトウは苞が開く前、フキは葉柄の長さが50~60cmになった頃に収穫します。
山菜の育て方

モミジガサの育て方

モミジガサの育て方です。モミジガサは3月(春植え)と10月(秋植え)に根株または苗を植え付けて栽培します。収穫時期は4月~5月(2年目以降)です。草丈が15~20cmになったら収穫します。東北地方ではシドケと呼ばれています。
果樹の育て方

アケビ、ムベの育て方

アケビ、ムベの育て方です。アケビは12月~3月、ムベは3月~4月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は9月~10月です。アケビは熟して果皮が割れたとき、ムベは果実が色づいてやわらかくなった頃に収穫します。アケビは落葉樹で、ムベは常緑樹です。
果樹の育て方

アンズの育て方

アンズの育て方です。アンズは12月~3月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は6月~7月です。果実が黄色く色づいて、少しやわらかくなった頃に収穫します。自家結実性はありますが、受粉樹を混植したほうが実つきがよくなります。
果樹の育て方

イチゴノキの育て方

イチゴノキ(イチゴの木)の育て方です。イチゴノキは3月~4月または9月~10月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は11月~1月です。果実が赤く色づいた頃に収穫します。イチゴノキは秋から冬にかけて開花して、同時期に果実も熟します。受粉樹は不要です。
果樹の育て方

イチジクの育て方

イチジク(無花果)の育て方です。イチジクは12月~3月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は6月~11月です。果実の先端が割れて、やわらかくなった頃に収穫します。東北地方南部以南が栽培適地です。単為結果するので、受粉樹は不要です。
果樹の育て方

イチョウの育て方

イチョウ(銀杏)の育て方です。イチョウは12月~3月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は9月~10月です。熟して落果したものを収穫します。イチョウの種子がギンナン(銀杏)です。結実には受粉樹となる雄木が必要です。
果樹の育て方

ウメの育て方

ウメ(梅)の育て方です。ウメは12月~3月に苗木を植え付けて栽培します。収穫時期は5月~6月です。梅酒用は果実が青いうちに収穫します。梅干用は果実が黄色く色づいた頃に収穫します。自家結実性のある品種とない品種があります。