アケビの栽培方法・育て方

アケビの栽培時期

アケビは12~3月に苗木を植え付けて栽培します。全国で栽培可能です。肥料は毎年、2月と12月に施します。摘果は幼果のうちに行います。収穫時期は9~10月です。熟して果皮が割れた頃に収穫します。剪定の時期は12~1月です。

アケビの栽培カレンダー

植え付け(関東) 剪定 開花 収穫

スポンサーリンク

アケビの基本情報

名称 アケビ
科名 アケビ科
分類 落葉樹(つる性)
結実年数 3~4年
栽培環境 日当たりの良い場所で育てるのがよいが、半日陰でも育つ。適正な土壌pHは5.5~6.0。
花芽分化 7~8月頃。花芽は混合花芽。
植付時期 12月上旬から3月下旬
収穫時期 熟して果皮が割れたとき、もしくは割れる直前。

生態・特徴

  • つる性の落葉樹。

  • アケビの果実は熟すと自然に割れるのが特徴。

  • アケビには小葉が5枚のアケビや小葉が3枚のミツバアケビ、この2つの雑種のゴヨウアケビなどがある。

  • アケビは自家結実性がほとんどないので、結実させるには受粉樹(他品種)を混植する必要がある(アケビとミツバアケビ、ミツバアケビとゴヨウアケビなど)。

  • アケビは耐寒性が強く、全国的に栽培可能。

  • アケビとよく似た常緑樹のムベもアケビと同じ方法で栽培できる。ムベは1本でも結実し、果実は熟しても割れない(関連記事:ムベの栽培方法・育て方)。

  • アケビはつる性なので、棚仕立てや垣根仕立てで栽培する。

  • 春に伸びる若いつる先(新芽)を摘み取ったものは、木の芽と呼ばれ、おひたし、和え物などにして食べることができる。

苗木の植え付け

  • 苗木の植え付けは、12月上旬から3月下旬頃に行う。

肥料

  • 毎年、12月に有機質肥料、2月に化成肥料を施す。

受粉

  • 開花したら、他品種の雄花の花粉で人工授粉をする。小花がかたまって咲いているのが雄花で、その下に大きく咲いているのが雌花。肥料不足になると雌花がつかない場合がある。

摘果

  • 実がたくさんついたときは、幼果のうちに、1花房1~2個となるように摘果を行う。

  • 形のよい実や大きい実を残し、他は摘み取る。

収穫

  • 熟すと果皮が割れるので、そのときに収穫をする。割れる直前に収穫してもよい。

剪定

  • 剪定は12月上旬から1月下旬頃に行う。

  • 花芽は新梢の中間付近につく(7~8月頃)。

  • 巻きづるは切り、貧弱な枝や込み合う部分の枝を間引き剪定する。

  • つるは水平に誘引すると実がつきやすくなる。

  • 仕立て方には棚仕立てや垣根仕立てなどが向く。

アケビのおすすめ品種

ミツバアケビ
園芸ネット
三つ葉アケビ。収穫は9月。
紫水晶
ノーブランド品
三つ葉アケビ。果皮は紫色。ジャンボアケビ。1本でも結実する。
バナナアケビ
ノーブランド品
五葉アケビ。果皮が黄色くバナナそっくり?
スポンサーリンク
スポンサーリンク
未分類
シェアする
家庭菜園と実のなる木