アーティチョークの育て方

アーティチョークの写真
栽培の概略アーティチョークは4月に種をまいて栽培します。収穫時期は6月(2年目以降)です。大きくなった開花前の蕾を収穫します。蕾はフランス料理やイタリア料理などの食材に利用されます。草丈は2mほどになります。
スポンサーリンク

栽培カレンダー

アーティチョークの栽培カレンダー
種まき(関東) 収穫(2年目以降)

基本情報

名称表記 アーティチョーク
科名 キク科
栽培環境 日当たりの良い場所で育てる。冷涼な気候を好む。寒さには強いが暑さには弱い。適正な土壌pHは6.0~6.5。
発芽適温 20℃前後
生育適温 15~20℃くらいの冷涼な気候を好む。30℃以上になると生育が悪くなる。
種まき時期 4月
収穫時期 6月頃。蕾が大きくなった頃。開花前に収穫する。

生態・特徴

  • キク科の多年草で、草丈は2mほどになる。
  • 和名はチョウセンアザミ。
  • 大きくなった開花前の蕾をフランス料理やイタリア料理などの食材に利用する。
  • 品種によって、トゲのあるものとないものがある。
  • 冬は茎葉が枯れるが、春になると再び萌芽する。

アーティチョークの育て方

種まき・植え付け

  • 種まきは4月頃に行う。
  • ポットに種を1粒まいて(覆土1cm)、本葉4~5枚になったら定植をする。
  • 株間は100cm。
  • 育苗日数は40~50日程度。

肥料

  • 肥料は毎年、4月と10月に施す。

収穫

  • 収穫は2年目以降の6月頃に行う。
  • 開花前、蕾が大きくなった頃に、茎を少しつけて蕾を切り取る。
  • 収穫したら、蕾をレモン汁と塩を加えた熱湯で20~30分ほど茹でる。
  • 花托とがくの付け根の部分を食べる。

株分け

  • 株分けは9月頃に行う。
  • 4年に1回を目安に株を更新する。