ユズ・ハナユ・スダチ・カボスの育て方

栽培カレンダー

ユズ・ハナユ・スダチ・カボスの栽培カレンダー
植え付け(関東) 剪定 開花 収穫

基本情報

名称 ユズ / ハナユ / スダチ / カボス
画像
ユズの写真ハナユ(一才ユズ)の写真スダチの写真カボスの写真
科名 ミカン科
分類 常緑樹
結実年数 3~4年
受粉樹 不要
栽培適地 日当たりの良い場所で育てる(スダチ・カボスはやや日当たりの弱い場所でも育つ)。東北地方以南で栽培できる。ユズ・カボスの場合、最低気温は-7℃まで耐える。ハナユ・スダチの場合は-5℃まで耐える。
花芽分化 1~3月頃。花芽は混合花芽。
植付時期 3月下旬から4月上旬
収穫時期 ユズ・ハナユは8月中旬から12月上旬。スダチ・カボスは8月中旬から10月中旬。

おすすめの品種

多田錦 ユズ。果重100g前後。種なし。収穫は8~12月。
山根 ユズ。果重120g。トゲが小さく少ない。早期結実性あり。収穫は8~12月。
ハナユ(花柚子) ハナユ。果重60g。早期結実性あり。香りはユズより弱い。収穫は8~12月。
スダチ スダチ。果重30~40g。収穫は8~10月。
カボス カボス。果重100~150g。収穫は8~10月。

生態・特徴

ユズ、ハナユ、スダチ、カボスは、果汁や果皮を料理の風味づけなどに利用する柑橘類。酸味が強いため、生食には向かない。ユズ・ハナユは果実が黄色くなる前、緑色の頃から収穫して利用できる。ハナユ(花柚子)は一才ユズとも呼ばれ、ユズより低木で、若木のうちから実をつける。また、花も料理の風味づけに用いられる。スダチは徳島県の特産で、カボスは大分県の特産。どちらも果実は緑色のうちに収穫する。

ユズ、ハナユ、スダチ、カボスは、柑橘類の中では比較的、耐寒性があり、東北地方以南で栽培できる。自家結実性があり、1本でも結実するため、受粉樹は不要。

植え付け・肥料

苗木の植え付けは3月下旬から4月上旬頃に行う。苗木は高さ50~60cm程度で切り返して植える。肥料は毎年、3月に有機質肥料、6月と10月下旬から11月上旬に化成肥料を与える。

摘果

隔年結果を防ぐため、7月頃に摘果を行う。ユズは葉100枚あたり1果、スダチは葉5枚あたり1果、カボスは葉25枚あたり1果が摘果の目安。ハナユは小果を摘み取る程度でよい。

収穫

ユズ・ハナユは8月中旬から12月上旬頃に収穫する。ユズ・ハナユは、果実が緑色の頃から収穫して、料理などに利用できる。果汁が最も多くなるのは、果実が7~8割色づく、11月上旬頃。スダチ・カボスは8月中旬から10月中旬頃の果実が緑色のうちに収穫する。収穫した果実を保存するときは、ポリ袋に入れて冷蔵庫に入れておく。

剪定

剪定は3月頃に行う。枝は年3回、春・夏・秋に伸びる。花芽は前年の春枝(春に伸びた枝)の先端付近によくつく。前年、実がついた枝には花芽はつかない。剪定では、切り返し剪定はなるべく控えて、込み合った部分の枝を間引く、間引き剪定を主体にする。枝は開くように誘引すると結実しやすくなる。結果習性はミカンと同じなので、ミカンの剪定も参考にする。仕立て方には開心自然形や主幹形仕立てなどが向く。(関連記事:ミカンの育て方


スポンサーリンク