ユスラウメの育て方

栽培カレンダー

ユスラウメの栽培カレンダー
植え付け(関東) 剪定 開花 収穫

基本情報

名称 ユスラウメ
画像
ユスラウメの写真
科名 バラ科
分類 落葉樹
結実年数 2~3年
受粉樹 不要
栽培適地 日当たりの良い場所で育てる。暑さや寒さ、乾燥には強いが、過湿や日照不足には弱い。全国的に栽培ができる。
花芽分化 8月頃。花芽は純正花芽。
植付時期 12月上旬から3月下旬
収穫時期 果実の色が濃くなったら収穫する。

生態・特徴

ユスラウメは中国・朝鮮半島原産の開張性の落葉低木。春になると淡紅色の花が咲き、6月頃になると赤い果実をつける。果実は直径1cm程度で、サクランボのような味がする。生食のほか、果実酒やジャムなどにも利用できる。ユスラウメは寒さや暑さに強く、全国的に栽培ができる。自家受粉でよく結実するため、受粉樹は必要としない。

ユスラウメには、赤い果実をつける赤実種と、白い果実をつける白実種がある。赤実種は淡紅色の花が咲き、白実種は白い花が咲く。果実は白実種のほうがやや大きいが、実つきがよいのは赤実種のほう。

植え付け・肥料

苗木の植え付けは12月上旬から3月下旬頃に行う。苗木は50~60cmの高さで切り返して植える。肥料は毎年、12月に有機質肥料を与える。

摘果

多く結実した場合は、5月上旬頃に葉2~3枚あたり1果になるよう、摘果を行う。

収穫

収穫は6月頃に行う。果実の色が濃くなったら収穫する。白実種より赤実種のほうが若干、成熟が早い。

剪定

剪定は1月上旬から2月下旬頃に行う。花芽は新梢の葉腋につく。特に短果枝によくつく。剪定では込み合った部分の枝を間引いて、樹冠内部に日が当たるようにする。長く伸びた枝は先端を1/4程度切り返して、短果枝を発生させる。仕立て方は変則主幹形などが向く。


スポンサーリンク