ブドウの育て方

投稿日:

栽培カレンダー

ブドウの栽培カレンダー
植え付け(関東) 剪定 開花 収穫

基本情報

名称 ブドウ
画像
ブドウの写真
科名 ブドウ科
分類 落葉樹(つる性)
結実年数 2~3年
受粉樹 不要
栽培適地 日当たりの良い場所で育てる。耐寒性、耐暑性ともに強く、日本全国で栽培できる。
植付時期 12月、または3月
収穫時期 十分に色づいて熟したものを収穫。房先の粒が熟していれば収穫できる。
結果習性 新梢に花芽(混合花芽)がつき、翌年、開花結実する。花芽分化は6~7月頃。

おすすめの品種

デラウェア 欧米雑種。果粒重1.4g。果皮は赤紫。代表的品種。収穫は8月。
シャインマスカット 欧米雑種。果粒重10g。果皮は黄緑。皮ごと食べられる。収穫は8月。
秋鈴 欧州種。果粒重6g。果皮は赤紫。自然状態で種なし。皮ごと食べられる。収穫は9月。
マニキュアフィンガー 欧州種。果粒重12g。粒は赤紫で細長い。皮ごと食べられる。収穫は9月。
瀬戸ジャイアンツ 欧州種。果粒重10~13g。果皮は黄緑。皮ごと食べられる。収穫は9月。

生態・特徴

現在栽培されているブドウ(葡萄)には大きく分けると、欧州種と米国種、それらの交配で生まれた欧米雑種がある。それぞれ生育に適した気候があり、日本では主に欧米雑種が栽培されている。欧州種は夏に雨の多い日本では裂果が発生しやすい。ブドウは1本でも結実するので、受粉樹は必要ない。

植え付け・肥料

苗木の植え付けは12月頃、または3月頃に行う。苗木は60~70cmの高さで切り返して植える。肥料は毎年、12月に有機質肥料、3月と収穫後に化成肥料を与える。

房づくり

ブドウは花蕾が多いと、養分が分散されて結実不良になりやすいので、それを回避するため、花穂の一部を切り取る、房づくりを行う。房づくりは開花しかけた頃に行い、巨峰、および巨峰系統の大粒品種の場合は、分かれ出た副穂を切除し、さらに主穂上部の支梗数段と下部を少し切除し、花穂の長さが7~8cm(15~16段)となるようにする。それ以外の品種では8~10cm、デラウェアの場合は副穂だけを切除する。

摘房

花の咲き終わりから2週間程度たち、果粒がダイズ大になったら摘房を行う。摘房では1結果枝に1果房を目安に残し、ほかの果房は摘み取る。デラウェアのような小房の品種は1結果枝に2果房を目安にする。

摘粒

摘房後、そのままでは果粒が密着しすぎて大きくならないので、1房当たりの果粒数を調節する摘粒を行う。摘粒では、傷のある果粒や小さい果粒、込み合っている部分の果粒などを取り除き、巨峰などの大粒品種は1房30~35粒、それ以外の品種では60~70粒、デラウェアでは90~100粒程度を残す。

袋かけ

摘粒が終了したら、果房に袋かけや笠かけをすると、害虫や風雨などによる実の傷みを予防できる。

種なしブドウにする場合

種なしブドウにする場合は、花房をジベレリン水溶液に浸すジベレリン処理を行う。デラウェアの場合は、副穂を切除しておき、開花の2週間前(5月中旬頃。新梢の葉数11~12枚時。先端の小葉も含む)と満開の10日後に、それぞれ濃度100ppmのジベレリン水溶液を入れたコップに花穂を浸す(花穂のまわりの空気を抜くように、コップを何度か揺する)。巨峰の場合は、開花しかけた頃に、主穂上部の支梗数段と下部を少し切除し(房づくり)、花穂の長さを3.5~4cmにして、満開時とその10日後にそれぞれ25ppmの水溶液に浸す。ジベレリン処理は通常2回行い、1回目で種なしにして、2回目で果粒の肥大を促進する。

収穫

果実が品種特有の色に色づき、十分に熟した頃に収穫を行う。房先の果粒が熟していれば収穫できる。果梗をハサミで切り取って収穫する。

剪定

剪定は12月上旬から2月下旬頃に行う。込み合った部分の枝を間引き、新梢は2~3芽残して切り返す。ただし、樹勢が強いときは、7~8芽を残して新梢を切り返す。ブドウは枝の切り口から枯れやすいため、枝を切るときは芽の直上で切らず、芽と芽の中間で切るようにする。仕立て方は棚仕立て、垣根仕立てなどが向く。


スポンサード リンク

Copyright© 家庭菜園と実のなる木 , 2017 AllRights Reserved.