いちょう芋(大和芋)の育て方

投稿日:

栽培カレンダー

いちょう芋(大和芋)の栽培カレンダー
植え付け(関東) 収穫

基本情報

名称イチョウイモ、ヤマトイモ
画像
いちょう芋(大和芋)の写真
科名ヤマノイモ科
草丈200cm以上
栽培適地日当たりの良い場所で育てる。適性な土壌pHは6.0~6.5。
発芽適温17~27℃
生育適温17~27℃
植付時期4月中旬から5月中旬
収穫時期地上部が枯れてきた頃。
連作障害あり(3~4年)
収穫量の目安1本あたり300g

植付場所

畝のサイズ畝幅(上面幅)60~90cm、畝の高さ10~30cm(1条植え)。高畝にすれば、その分、深く耕さなくても済む。
条間
株間30cm
覆土5~6cm

石灰散布量・施肥量

苦土石灰散布量100g/m²
元肥の施し方萌芽後に施す
元肥化成肥料(8-8-8)100g/m²
追肥化成肥料30g/m²(1回あたり)

生態・特徴

いちょう芋はヤマノイモ科ヤマノイモ属に属するつる性の多年草。いちょう芋は春に種芋を植え付け、晩秋に地上部が枯れた頃、地中から芋を掘り取り、収穫をする。収穫する芋は毎年、新しく形成され、春に植えた種芋は新しい芋の養分となり、しぼんでいく。芋の形状は主に扇形(銀杏の葉の形)で平べったく、芋の長さは15~25cm程度になる。芋の粘りは長芋より強い。関東地方では大和芋(ヤマトイモ)と呼ぶこともあるが、芋の形状が塊形・丸形をしている、つくね芋のことを関西地方では大和芋と呼ぶこともありややこしい。ヤマノイモ属に属する芋には、いちょう芋のほか、自然薯、長芋、つくね芋などがある。(関連記事:自然薯の育て方長芋の育て方つくね芋の育て方

いちょう芋は成長すると、つる(葉腋)にムカゴがつく。ついたムカゴは食用にしたり、繁殖に利用できる。つるにつくムカゴが少ないほど、地中の芋は大きくなるので、地中の芋を大きくする場合は、ムカゴを早めに取り除くとよい。つるが下垂するとムカゴが多くなる。いちょう芋につくムカゴの量は、つくね芋より多いが、長芋よりは少ない。

土作り・畝立て

畑は使用する2週間前までに深く耕し(深さ40cm程度)、苦土石灰を適量散布して、土とよく混ぜておく(土壌酸度の調整)。同時に、芋が変形する原因となる、土中の石なども取り除いておく。

1週間前になったら、1m²あたり2kgの完熟牛ふん堆肥をまいて、土とよく混ぜ、畝を立てる。芋の変形や変色などの原因になるので、種芋を植え付ける場所(畝の中央)には堆肥などの肥料分は混ぜないようにする。元肥は萌芽後に施す(生育初期は種芋に蓄積された養分で育ち、土壌からの養分吸収は少ないため)。

植え付け・支柱立て

種芋の植え付けは4月中旬から5月中旬頃に行う。畝の中央に種芋を植え付ける。種芋には子イモ、または切りイモを使用する。子イモはムカゴを前年の春から晩秋までの間、育てたもので、切らずにそのまま植える。切りイモは大きな芋を切り分けたもので、1片あたり50~80g程度に分割して、切り口を乾かしてから植える。芽が出るまで2~4週間ほどかかる。

種芋の植え付け後、2mの支柱を立てる。ただし、つるを地面に這わせる、地這い栽培(無支柱栽培)をする場合は支柱は不要。地這い栽培にすれば、土壌の乾燥防止に効果がある。

ムカゴから子イモを作る場合は、春にムカゴを畑に植え付け(覆土3cm、株間6cm、条間20cm)、晩秋まで育てる。翌春になったら種芋として植え付ける。

元肥・追肥・管理

萌芽してつるが伸びてきたら、支柱につるを誘引して(地這い栽培の場合は地面につるを這わせる)、畝の肩部分に元肥を施し、かるく土寄せをする(追肥も同様の方法で施す)。1個の種芋から複数の芽が伸びたときは、芋の肥大が悪くなるので、1本を残して他の芽を摘み取る。梅雨が明けたら、土壌の乾燥を防ぐため、株元に敷きワラをする。追肥は7月上旬から8月上旬の間に1~2回施す。

収穫

収穫は地上部が枯れてきた頃に行う。株の周囲にスコップを入れて土を崩し、折らないように芋を掘り取る。保存する場合は、芋をポリ袋に入れて、3~5℃くらいの冷暗所に置く。温暖な地域では、掘り出さないで、畑で越冬させることもできる。つるにつくムカゴの収穫は9月上旬頃から行う。収穫したムカゴは、ご飯と一緒に炊いて、ムカゴ飯などにする。


スポンサード リンク

Copyright© 家庭菜園と実のなる木 , 2017 AllRights Reserved.