ピーマンの育て方

投稿日:

栽培カレンダー

ピーマンの栽培カレンダー
植え付け(関東) 収穫

基本情報

名称ピーマン
画像
ピーマンの写真
科名ナス科
草丈60~80cm
栽培適地日当たりのよい場所で育てる。暑さには強いが、乾燥には弱い。適正な土壌pHは6.0~6.5。
発芽適温25~30℃。発芽温度は15~35℃。20℃以下では発芽が極端に遅れる。
生育適温25~30℃。15℃以下で生育が鈍り、10℃以下では生育がほぼ停止する。
植付時期5月
収穫時期開花後15~20日程度。実の長さ6~7cmの頃。
連作障害あり(3~4年)
収穫量の目安1株あたり60個

植付場所

畝のサイズ畝幅(上面幅)60cm、畝の高さ10cm(1条植え)。
条間2条植えにするときは畝幅を広げて条間60cmにする。
株間40~50cm
覆土5mm(種の場合)

石灰散布量・施肥量

苦土石灰散布量100g/m²
元肥の施し方溝施肥
元肥化成肥料(8-8-8)100g/m²、ようりん50g/m²、完熟牛ふん堆肥3kg/m²
追肥化成肥料30g/m²(1回あたり)

主な品種

品種
特性
ニューエース 極早生で多収。果皮にツヤがあり品質良好。
京みどり 果肉はやや薄めでやわらかく多収。
京波 肉厚で草勢が強く多収。シワの少ない中型ピーマン。
デカチャンプ ビッグサイズのピーマン。苦味が少なく肉厚で甘味あり。

生態・特徴

ピーマンはトウガラシを改良してつくられたもので、ナス科トウガラシ属に属するトウガラシの仲間。トウガラシの仲間のなかで、一般に辛味のない中果種をピーマンという。ピーマンは通常、緑色の未熟果を収穫するが、完熟果を主に収穫するカラーピーマン(パプリカ)もある。日常でよく利用されるナス科トウガラシ属の野菜には、ピーマンのほかに、シシトウやトウガラシなどがある。(関連記事:シシトウの育て方トウガラシの育て方カラーピーマン(パプリカ)の育て方

土作り・畝立て

畑は使用する2週間前までに耕し、苦土石灰を適量散布して、土とよく混ぜておく(土壌酸度の調整)。1週間前になったら、畝を立てる場所の中央に幅15cm、深さ20cmの溝を掘り、そこに元肥を投入して、土を埋め戻し、その上に畝を立てる(溝施肥)。

種まき・植え付け

ピーマンは発芽に高温が必要で、育苗に要する日数も長いため(70~80日程度必要)、市販の苗を購入して5月頃に植え付けるのが一般的。植え付け後、仮支柱を立て、苗を固定する。種から育てる場合は、2月下旬から3月上旬頃にポットに3粒種をまき、発芽後、本葉が出たら1本に間引いて、本葉8~10枚程度になるまで育苗したのち定植をする。気温の低い時期は保温して育てる。

仕立て方・追肥

苗が成長して一番花が咲く頃になったら、一番花より下のわき芽は全部摘み取り、勢いのある枝3本を主枝として伸ばす、3本仕立てにする。ピーマンは一番花が咲くと、そこから2本、または3本に分枝する。3本に分枝した場合は、その3本をそのまま伸ばして3本仕立てにする。2本に分枝した場合は、ニ番花が咲くと、最初に分枝した枝がさらに2つに分枝して4本になるので、そのうちの1本をカットして3本仕立てにする。支柱を合計3本(中心に1本、X状に交差するように2本)立てて、それぞれに1本ずつ主枝を誘引する。追肥は実がなり始めたら、2週間に1回程度施す。

収穫

収穫は開花後15~20日程度、実の長さが6~7cmになった頃に行う。株の成長を促すため、一番果は小さいうちに収穫するとよい。ピーマンは通常、緑色の未熟果を収穫するが、果実をそのまま放置して、赤く完熟させ、カラーピーマンとして収穫することもできる(ただし、株には負担がかかる)。

プランター栽培

プランターや鉢で栽培する場合、容量20L以上の大きめのプランターで2株、10号以上の鉢で1株が目安。


スポンサード リンク

Copyright© 家庭菜園と実のなる木 , 2017 AllRights Reserved.