ゴボウの育て方

投稿日:

栽培カレンダー

[春まき]
ゴボウの栽培カレンダー 春まき
種まき(関東) 収穫

[秋まき]
ゴボウの栽培カレンダー 秋まき

基本情報

名称ゴボウ
画像
ゴボウの写真
科名キク科
草丈70~80cm
栽培適地日当たりの良い場所で育てる。乾燥には強いが過湿には弱い。適正な土壌pHは6.5~7.5。
発芽適温20~25℃。30℃以上や15℃以下になると発芽率は低下する。
生育適温20~25℃。地上部は3℃で枯れるが、根部は耐寒性が強く、越冬できる。
種まき時期春まきは4月上旬から5月上旬、秋まきは9月下旬から10月上旬。
収穫時期根径が2cmになった頃。
連作障害あり(4~5年)
収穫量の目安1本あたり150g

植付場所

畝のサイズ畝幅(上面幅)60cm、畝の高さ10~30cm(1条植え)。高畝にすれば、その分、深く耕さなくても済む。
条間2条植えにするときは畝幅を広げて条間60cmにする。
株間10~15cm
覆土5mm(好光性種子)

石灰散布量・施肥量

苦土石灰散布量150g/m²
元肥の施し方全面施肥
元肥化成肥料(8-8-8)100g/m²、完熟牛ふん堆肥2kg/m²
追肥化成肥料30g/m²(1回あたり)

主な品種

品種
特性
滝野川大長 根長約1m。長根ゴボウの代表品種。ス入りが遅く香りがよい。
柳川理想 根長75~80cm。白肌で肉質は柔らか。密植もできる。
山田早生 根長75cm。肉質は緻密でス入りは遅い。
すなお白肌 根長80cm前後。白肌で葉柄基部が緑色。
大浦太ゴボウ 根径10cmになる太ゴボウ。肉質が柔らかく中に空洞ができる。

生態・特徴

ゴボウは長く伸びた直根を食用にする野菜。根は食物繊維を多く含み、炒め物、煮物、揚げ物など様々な料理に利用される。根の長い品種が一般的だが、家庭菜園向きの根の短い品種(ミニゴボウ)もある。(関連記事:ミニゴボウの育て方

ゴボウは春まきと秋まきができる。春まきは秋から冬にかけて収穫し、秋まきは翌年の6月以降に収穫する。秋まきの場合、冬になると茎葉は寒さで枯れてしまうが、根部はそのまま越冬し、翌春、再び芽を出す。秋まきでは、若い根と葉柄を食用にする、葉ゴボウの栽培もできる。(関連記事:葉ゴボウの育て方

ゴボウは根が長く伸び、掘り出しにくいため、袋栽培や波板栽培が効果がある。袋栽培は堆肥袋などの底を切って、接地面を耕し、培養土を入れて種をまくと、袋を破るだけで収穫できる。波板栽培は畑に波板を20度くらいの角度で傾けて埋め、その上に種をまくと、根が波板の上で伸びるため、掘り出しやすくなる。

土作り・畝立て

畑は使用する2週間前までに深く耕し(深さ70~80cm程度)、苦土石灰を適量散布して、土とよく混ぜておく(土壌酸度の調整)。同時に、根が変形(股根など)する原因となる、土中の石なども取り除いておく。1週間前になったら、元肥を投入して、土とよく混ぜ、畝を立てる(全面施肥)。

種まき・追肥

種まきは4月上旬から5月上旬頃(春まき)と9月下旬から10月上旬頃(秋まき)に行う。ゴボウは根径1cm以上で越冬すると、4~5月にとう立ちするので、秋まきでは早まきしないように注意する。秋まきでは、柳川理想や山田早生などの晩抽性の品種が適している。

種は1箇所に3~4粒まき、発芽後、本葉が1~2枚出たら間引き始め、本葉3~4枚で1箇所1本にする。種は一晩、水に浸けておくと発芽しやすくなる。追肥は本葉3~4枚から草丈30cmになるまでの間に2回施す。秋まきの場合は、本葉3~4枚の頃と翌年の3月頃に施す。

収穫

根径が2cmくらいになったら収穫を行う。葉を刈り取り、根の手前の土を深く掘った後、引き抜いて収穫をする。


スポンサード リンク

Copyright© 家庭菜園と実のなる木 , 2017 AllRights Reserved.