サトイモの育て方

栽培カレンダー

サトイモの栽培カレンダー
植え付け(関東地方) 収穫

基本情報

名称サトイモ
画像
サトイモの写真
科名サトイモ科
草丈120~150cm
栽培適地日当たりの良い場所で育てる。高温多湿を好み、乾燥を嫌う。適正な土壌pHは6.0~6.5だが、4.1~9.1の範囲なら生育できる。
発芽適温25~30℃。発芽の最低温度は15℃。
生育適温25~30℃。芋が肥大する最適地温は22~27℃。芋の保存には6℃以上必要。
植付時期4月中旬から5月上旬
収穫時期10月上旬から11月下旬頃。霜が降りる前に収穫を終える。
連作障害あり(4~5年)
収穫量の目安1株あたり20個(子芋用品種の場合)

植付場所

畝のサイズ排水性の良い畑では、畝は立てなくてもよい(幅90cmの栽培スペースは必要)。それ以外の畑では、幅(上面幅)90cm、高さ10cm(1条植え)の畝を立てる。
条間
株間40~50cm
覆土7~8cm

石灰散布量・施肥量

苦土石灰散布量100g/m²
元肥の施し方置き肥
元肥化成肥料(8-8-8)30gと完熟牛ふん堆肥200gを種芋と種芋の間に置く。
追肥化成肥料30g/m²(1回あたり)

主な品種

品種
特性
石川早生 子芋用。早生種。
土垂 子芋用。中生~晩生種。収量が多い。乾燥に強い。
京芋 親芋用。晩生種。別名タケノコ芋。親芋が細長い。寒さに弱い。
赤芽 親子兼用。中生種。芽が赤い。寒さに弱い。
八つ頭 親子兼用。中生種。親芋と子芋が一つの塊になる。葉柄も食べられる。

生態・特徴

高温多湿を好む、熱帯アジア原産の作物。サトイモは種芋から伸びた茎葉の基部に親芋ができて、その親芋に子芋がつき、子芋に孫芋がつく。生育中、株元に何度か土寄せをすることで、芋を形成・肥大させていく。一般的な、子芋を食べる品種(土垂・石川早生など)のほか、親芋を食べる品種(京芋など)や、子芋と親芋の両方を食べる品種(八つ頭・赤芽など)、葉柄を食べる品種(みがしき)がある。

土作り・畝立て

畑は使用する2週間前までに耕し、苦土石灰を適量散布して、土とよく混ぜておく(土壌酸度の調整)。排水性の良い畑では、畝は立てなくてもよいが、それ以外の畑では、1週間前になったら、畝を立てる。

植え付け

種芋の植え付けは4月中旬から5月上旬頃に行う。栽培スペースの中央に(または立てた畝の中央に)、幅と深さが15cm程度の溝を掘り、そこに種芋を芽を上にして並べる。種芋と種芋の間に、元肥を置いて(元肥が種芋と接触しないようにする)、溝を埋め戻す。通常、芽が出るまでには3~4週間ほどかかる。種芋には芽出ししたものを使用するとよい。芽出ししていない種芋を植えると、生育にばらつきがでたり、土中で種芋が腐敗して欠株が出たりすることがある。

種芋の芽出し

種芋の芽出しをする場合は、植え付けの1ヶ月ほど前に行う。土を入れたコンテナなどに種芋の芽部を上にして仮植え(覆土は2~3cm程度)して、日当たりのよい場所に置いておく。芽が3~4cmほど出たら、掘り出して植え付けをする。

土寄せ・追肥

植え付け後、本葉5~6枚になったら、最初の土寄せを行い、株元に5cm程度、土寄せをする。2回目はその1ヵ月後に行い、さらに10cm程度、土寄せをする。土寄せと一緒に追肥も施す。

収穫

収穫は10月上旬から11月下旬頃に行う。茎を刈って、株から少し離れたところにスコップを入れて、芋を掘り出す。霜が降りる前までに収穫を終えるようにする。

芋の保存

芋を翌年の種芋にするため、長期保存する場合は、水はけのよい場所に深さ60cm程度の穴を掘り、底にモミガラを入れる。芋の茎部を下にして並べ(親芋と子芋はバラさない)、穴をモミガラで埋めて、20cmほど盛り土をする。親芋は翌年の種芋として利用することができる。親芋を種芋にすれば、子芋を種芋にしたときよりも、生育が早い。

プランター栽培

プランターや鉢で栽培する場合、深さ30cm以上の大型プランターで2株、10号以上の鉢で1株が目安。肥料袋などを利用した袋栽培もできる。生育中に増し土をするので、植付時に上部を10cm程度、空けておく。


スポンサード リンク