チャービルの育て方

栽培カレンダー

チャービルの栽培カレンダー
種まき(関東) 開花 収穫(葉)

基本情報

名称 チャービル、セルフィーユ
画像
チャービルの写真
科名 セリ科(一年草)
草丈 20~60cm
利用部位
効能 消化促進、血液浄化、発汗
用途 ティー、料理
栽培適地 風通しの良い、明るい日陰を好む。乾燥と夏の強い日差しに弱い。寒さには強い。
発芽適温 15~20℃
生育適温 10~20℃
種まき時期春まきは3月上旬から4月下旬、秋まきは9月上旬から10月上旬
収穫時期 草丈が10~15cmほど成長した頃。播種後40日程度。
株間 20~30cm
覆土 種が隠れる程度に薄く(光好性種子)

生態・特徴

フランス料理によく利用されるハーブの一つで、「美食家のパセリ」とも呼ばれる。葉は繊細で柔らかく、パセリをマイルドにしたような風味があり、生の葉をサラダやスープ、オムレツ、魚料理などに利用する。加熱すると風味がとぶので、料理に使うときは仕上げのときに使用する。フランス語ではセルフィーユという。

種まき・植え付け・肥料

種まきは3月上旬から4月下旬頃(春まき)と9月上旬から10月上旬頃(秋まき)に行う。チャービルは直根性で移植を嫌うので、種まきは直まきにする。種は1箇所に4~5粒まき、発芽後に順次、間引いて、本葉5~6枚までに1箇所1本にする。市販の苗を植えつけるときは、根鉢を崩さずに植える。肥料は月に1~2回与える。夏の強い日差しには弱いので、夏場は半日陰となる場所に移動するか遮光する。冬は日当たりのよい場所がよい。

収穫

草丈が10~15cmほどに成長したら、外葉から随時摘み取って収穫する。葉の乾燥保存は不向きなので、生の葉を利用する。花が咲くとすぐに枯れてしまうので、蕾がついたら早めに摘み取ると、長く収穫が楽しめる。

プランター栽培

プランターで栽培する場合は、幅60cmのプランターで3~4株、5号以上の鉢で1株が目安。


スポンサーリンク