レモンバームの育て方

栽培カレンダー

レモンバームの栽培カレンダー
種まき(関東) 開花 収穫(葉)

基本情報

名称 レモンバーム
画像
レモンバームの写真
科名 シソ科(多年草)
草丈 40~80cm
利用部位
効能 鎮静、抗菌、消化促進、発汗
用途 ティー、料理、お菓子、入浴剤
栽培適地 日当たりの良い場所、あるいは半日陰でも育つ。真夏の強い日差しや乾燥を嫌う。寒さには強く、戸外でも越冬する。
発芽適温 15~20℃
生育適温 15~20℃
種まき時期春まきは4月上旬から5月下旬、秋まきは9月上旬から10月下旬
収穫時期 いつでも収穫可能。必要なだけ葉を摘み取って利用する。
株間 30~50cm
覆土 種が隠れる程度に薄く

生態・特徴

レモンに似た香りが特徴のハーブで、生葉を摘み取って、ハーブティーやサラダ、デザートの風味づけなどに利用する。ミツバチが好むハーブとしても知られ、学名はメリッサ(ギリシャ語で蜂の意味)という。

レモンバームは多年草なので、一度、植えつければ、毎年収穫ができる。冬季は地上部が枯れる場合があるが、春になると再び新芽が出てくる。年数がたつと、香りが落ちてくるので、春か秋に株分けをする。

レモンバームはミントの仲間で、ミントとは交雑しやすいので、ミントの近くでは栽培しないよう注意する。

種まき

種まきは4月上旬から5月下旬頃(春まき)と9月上旬から10月下旬頃(秋まき)に行う。種は1箇所に4~5粒まき、発芽後に順次、間引いて、本葉4~6枚までに1箇所1本にする。発芽には2週間程度かかる。夏場の強い直射日光は嫌うので、夏場には寒冷紗などで遮光するか、明るい日陰に移動する。

収穫

収穫はいつでもできる。必要なだけ葉を摘み取って利用する。摘み取った葉は手のひらで叩くと、香りが引き立つ。蕾がつきはじめたら、収穫を兼ねて枝先を1/3ほど切り戻して、開花させないようにする。切り戻した後には追肥しておくと、新芽が出てきて、長く収穫できる。梅雨時期には蒸れないよう、込みあった枝を間引いて風通しをよくしておく。

肥料

肥料は毎年、春の萌芽時と切り戻した後に与える。水や肥料が不足すると、葉がかたくなり、香りも落ちるので注意する。

増やし方

レモンバームは挿し芽で増やすことができる。挿し芽をする場合は、春か秋に若い枝先を10cmほど切り取り、下葉を落として土に挿しておくと、10日ほどで発根する。

プランター栽培

プランターで栽培する場合は、幅60cmのプランターで3株、5号以上の鉢で1株が目安。


スポンサーリンク