ミントの育て方

投稿日:

栽培カレンダー

ミントの栽培カレンダー
種まき(関東) 開花 収穫(葉・花)

基本情報

名称 ミント
画像
ミントの写真
科名 シソ科(多年草)
草丈 30~100cm
利用部位 葉、茎、花
効能 鎮静、殺菌、消化促進
用途 ティー、料理、お菓子、入浴剤、ポプリ
栽培適地 日なたもしくは半日陰で、水はけがよく保水性のある場所に植える。
発芽適温 15~20℃
生育適温 15~25℃
種まき時期春まきは3月下旬から5月上旬、秋まきは9月下旬から10月上旬
収穫時期 成長して葉数が増えてきたら、若い葉を摘み取って収穫。保存用にする場合は、開花直前に刈り取って、日陰で乾燥させる。
株間 30cm
覆土 種が隠れる程度にごく薄く

主な品種

品種 特性
ペパーミント ミントの代表種。強い清涼感が特徴。
スペアミント ミントの代表種。マイルドな清涼感で料理によく使われる。
クールミント ガムやキャンディなどで有名。爽やかな香り。
アップルミント リンゴのような甘い香り。ハーブティーに適している。
パイナップルミント アップルミントの斑入り種。鑑賞用にも向く。
オーデコロンミント 柑橘系の香り。ペパーミントの変種。葉には光沢がある。
コルシカミント 小葉で草丈2~3cmのほふく性。グラウンドカバーにも向く。

生態・特徴

清涼感のある香りが人気のハーブで、香りのある葉を料理やデザートに添えたり、ティーなどに利用する。ミントは最もポピュラーなハーブの一つで、一般的なペパーミントやスペアミントのほか、リンゴの香りのするアップルミント、柑橘系の香りのするオーデコロンミントなど、いろいろな種類がある。

ミントは多年草なので、一度、植えつけると、毎年収穫ができる。冬季は地上部が枯れる場合があるが、春になると再び芽を出す。植え付け後、2~3年たつと、次第に香りが落ちてくるので、春や秋に株分けをして株を更新する。

ミントは生育が旺盛で、地下茎を伸ばして繁殖する。そのため、庭植えでは地下茎が広がりすぎて、他の植物の生育を阻害する場合があるので、株間を1m以上とって植えるか、もしくは地中に深さ25~30cmくらいの仕切板を埋めて植えつけるとよい。

種まき・植え付け・肥料

種まきは3月下旬から5月上旬頃(春まき)と9月下旬から10月上旬頃(秋まき)に行う。種は非常に小さいので扱いに注意する。育苗箱に種をまいて、発芽したら葉が触れ合わないくらいに順次間引いて、本葉6~8枚になったら定植をする。同時期に市販される苗を植えつければ早く収穫できる。肥料は春と秋に与える。

収穫

成長して葉数が増えてきたら、若い葉を摘み取って収穫する。保存用にする場合は、開花する直前に刈り取って、日陰で乾燥させてから密閉容器などに保存する。

増やし方

ミントは挿し芽で増やすことができる。挿し芽をする場合は、若い枝先を7~8cm切り取り、下葉を落として土に挿しておくと、1~2週間ほどで発根する。水を入れたコップに挿しても容易に発根する。ミントは交雑しやすいので、同じ品種を増やしたければ、種から増やすよりも挿し芽や株分けで増やすほうが確実。

プランター栽培

プランターで栽培する場合は、幅60cmのプランターで2株、5~6号鉢で1株が目安。根詰まりしやすいので、1年に1回、植え替えをする。


スポンサード リンク

Copyright© 家庭菜園と実のなる木 , 2017 AllRights Reserved.