タラノキ・タラノメの育て方

栽培カレンダー

[露地栽培の場合]
タラノキ(タラの芽)の栽培カレンダー
植え付け(関東) 剪定 開花 収穫

基本情報

名称 タラノキ
画像
タラの芽の写真
科名 ウコギ科
分類 落葉樹
結実年数
受粉樹 不要
栽培適地 日当たりの良い場所で育てる。比較的冷涼な場所を好むが、全国的に栽培ができる。過湿には弱い。適正な土壌pHは5.5~6.0。
植付時期 3月上旬から4月上旬
収穫時期 新芽が10cm前後に伸びた頃。

生態・特徴

タラノキ(タラの木)の新芽のことをタラノメ(タラの芽)という。タラノキはウコギ科の落葉低木で、春に伸びる新芽を摘み取り、天ぷらや和え物、お浸しなどの料理に利用する。あまり枝分かれせずに幹が直立して成長するのが特徴。日本全土に広く自生し、全国的に栽培ができる。枝にはトゲがあるが、トゲの少ないトゲなし系の品種もある。

植え付け・肥料

種根(しゅこん)、または苗木を3月上旬から4月上旬頃に植え付ける。幅150~180cmの栽培スペースを確保し、その中央に、長さ15cmにカットした種根を、株間60cm、5cmの深さに水平に植える。種根は鉛筆以上の太さのものが望ましい。種根を植え付けた場合、秋には樹高1m程度にまで成長する。肥料は毎年、3月に緩効性の化成肥料を与える。

収穫

収穫は4月頃、新芽が10cm前後に伸びた頃に行う。種根植え付けの翌春には収穫ができる。新芽は剪定鋏などで付け根から切り取る。最初は頂芽を収穫し、その後、やや下から伸びてくる第1側芽、第2側芽も収穫する。

剪定

第2側芽まで収穫したら、直後に枝(幹)を地上10~15cmで切り取る(5月頃)。以後、毎年、新しく伸びた枝を株元に1~2芽残して切り取る。2年目以降になると株から発生する枝数も増え、収穫量も増えていくが、大株になると枝が貧弱になり、大きな新芽がとれなくなってくるので、枝数を2本くらいに減らすとよい。タラノキはこれ以外の剪定は必要ない。

ふかし促成栽培

タラノキの主な栽培方法には露地栽培とふかし促成栽培がある。露地栽培は露地で栽培し、春に新芽が出たところを収穫する方法で、ふかし促成栽培は、1芽ごとに切った穂木(枝)を温床に挿して、1~3月頃に新芽を早出しさせて収穫する方法。家庭でふかし促成栽培をする場合は、発泡スチロールなどの箱を用いて水浸法で行うのが手軽でやりやすい。ふかし促成栽培をすれば、枝についた側芽をすべて収穫できる。

ふかし促成栽培(水浸法)をする場合は2月頃に行う。露地栽培で育てた枝(穂木)を、株元に1~2芽残して切り取り、切り取った穂木をさらに1芽ごとに芽の上から斜めに切断する。暖かい室内に発泡スチロールなどの箱を置き、1芽切りの穂木を箱の中に立てて並べ、水深が5mmになるよう水を入れる。水がなくなったら、半日ほど放置して穂木を乾燥させて(穂木の腐敗防止)、水を同量補充する。

ふかし促成栽培では新芽が7~10cm程度、伸びた頃に収穫をする。栽培を始めてから1ヶ月ほどで収穫できるようになる。収穫後、穂木は廃棄する。

株を増やす場合

株を増やす場合は、3月から4月頃に、1年間養成した株を掘り上げ、根部を種根として利用する。1株からは約30本の種根を採取できる。


スポンサーリンク