ジューンベリーの育て方

栽培カレンダー

ジューンベリーの栽培カレンダー
植え付け(関東) 剪定 開花 収穫

基本情報

名称 ジューンベリー
画像
ジューンベリーの写真
科名 バラ科
分類 落葉樹
結実年数 2~3年
受粉樹 不要
栽培適地 日当たりの良い場所で育てる。耐陰性があり、半日陰でも育つ。耐寒性は強い。東北地方以南で栽培できる。
花芽分化 7~8月頃。花芽は混合花芽。
植付時期 12月上旬から3月下旬
収穫時期 果実が濃紅色になり、やわらかくなった頃。

おすすめの品種

ロビンヒル 小果。蕾は桃色、花は白に近い淡桃色。収穫は6月。
プリンセスダイアナ 小果。花が大きい。収穫は6月。
バレリーナ 中果。早期結実性あり。収穫は6月。
ラマルキー 中果。花つきが良い。収穫は6月。
チーセン 大果。収穫は6月。

生態・特徴

ジューンベリーは北アメリカ原産の落葉果樹で、6月に果実が成熟することからジューンベリーと呼ばれる。和名はアメリカザイフリボク。果実は直径1.5cmほどで、リンゴに似た香りがあり、生食のほか、ジャムやジュースなどに利用できる。耐寒性は強く、東北地方以南で栽培できる。自家結実性で、1本でも結実するため、受粉樹は不要だが、開花したら筆先で花の中を触ってやると、実つきがよくなる。

植え付け・肥料

苗木の植え付けは12月上旬から3月下旬頃に行う。苗木は高さ50~60cm程度で切り返して植える。肥料は毎年、12月に有機質肥料を与える。

収穫

果実が濃紅色になり、やわらかくなったものから収穫をする。品種により、いっぺんに熟すものとそうでないものとがある。収穫後はすぐに食べるか、加工して利用する。

剪定

剪定は1月上旬から2月下旬頃に行う。花芽は新梢の先端付近につく。ジューンベリーは株立ち性で、株元からはいくつもの枝(シュート)が発生する。仕立て方には変則主幹形仕立てや株仕立てがあるが、変則主幹形仕立ての場合は、株元から発生するシュートは全て切り取り、主幹1本だけにする。株仕立ての場合はシュート数本を残す。剪定では込み合った部分の枝を間引いて風通しや日当たりをよくする。2~3年実をつけた枝は実つきが悪くなるので、付け根から切り取り、新しい枝に更新する。


スポンサーリンク