クワ・マルベリーの育て方

栽培カレンダー

クワ(マルベリー)の栽培カレンダー
植え付け(関東) 剪定 開花 収穫

基本情報

名称 クワ、マルベリー
画像
クワの実(マルベリー)の写真
科名 クワ科
分類 落葉樹
結実年数 2~3年
受粉樹 必要(一部を除く)
栽培適地 日当たりの良い場所で育てる。耐寒性が強く、全国的に栽培可能。適正な土壌pHは5.0~7.0。
花芽分化 7~8月頃。花芽は混合花芽。
植付時期 12月、または3月
収穫時期 果実が黒紫色になって熟した頃(品種によって色は異なる)。

おすすめの品種

ララベリー 果重4g前後。極多収。1本でも結実する。収穫は6月。
ポップベリー 果重7g前後。1本でも結実する。収穫は6月。

生態・特徴

クワ(桑)はカイコの飼料としてよく知られている落葉高木で、別名マルベリーと呼ばれる。果実(桑の実)は、生食のほか、ジャムやゼリーなどに加工して利用される。クワを果樹として栽培する場合は、果樹用の「ララベリー」「ポップベリー」などの実つきがよく大果の品種を選ぶとよい。

クワには雌雄異株と雌雄同株があり、品種によっては、1本でも結実するものもあるが、基本的に雄花をつける他品種の混植が必要。風媒花のため、受粉樹が混植してあれば、特に人工授粉は必要としない。

植え付け・肥料

苗木の植え付けは12月頃、または3月頃に行う。苗木は50~60cmの高さで切り返して植える。クワは大木になるので、植え付け場所はよく考えて決める。肥料は毎年、12月に有機質肥料、3月と収穫後に化成肥料を与える。

摘果

果実を生食用にする場合は、幼果のうちに1結果枝あたり2~4果となるように摘果すると、食味の向上に効果がある。加工用に利用する場合は、摘果は必要ない。

収穫

収穫は果実が黒紫色になって熟した頃に行う。品種によっては赤紫色や白色の熟果になるものもある。収穫が早すぎると酸味が強く残る。果実は日もちしないので、収穫後はすぐに生食するか、加工して利用する。

剪定

剪定は収穫直後と1月上旬から2月下旬頃に行う。花芽は新梢の先端から基部までつく(品種によって多少異なる)。収穫直後の剪定では、結果母枝を2芽残して切り返す。冬の剪定では、込み合う部分の枝を間引き、樹冠内部までよく日が当たるようにする。仕立て方は一文字仕立てや垣根仕立てなどが向く。


スポンサーリンク