ミツバの育て方

栽培カレンダー

ミツバの栽培カレンダー
種まき(関東) 収穫

基本情報

名称ミツバ
画像
ミツバの写真
科名セリ科
草丈30~50cm
栽培適地半日陰でもよく育つ。冷涼な気候と湿り気のある場所を好む。夏の暑さや乾燥には弱い。適正な土壌pHは6.0~6.5。
発芽適温15~20℃。30℃以上や8℃以下ではほとんど発芽しない。
生育適温10~20℃。
収穫時期草丈が20cm以上になった頃。
株間根ミツバは3~4cm、青ミツバは2~3cm。
覆土5mm(好光性種子)
連作障害あり(1~2年空ける)
収穫量の目安

生態・特徴

ミツバ(三つ葉)は草丈30~50cmほどになるセリ科の多年草で、日本料理には欠かせない食材の一つ。ミツバは収穫方法により、光に当てて育てた青ミツバ(糸ミツバ)と、遮光して軟白栽培した切りミツバ(白ミツバ)、根ミツバに分けられる。切りミツバは春から冬まで根株を養成し、地上部が枯れたら株を掘りとり、遮光した軟化床で軟白させ、葉柄を刈り取って収穫する。根ミツバは根株は掘り取らず、根株の上に盛り土をして軟白させ、根のついた状態で掘り取り収穫する。

種まき・追肥

種まきは4~6月と9~10月に行う。発芽後、双葉が出たら間引き始め、本葉2~3枚で1箇所1本になるよう間引く。追肥は本葉2~3枚の頃に行う。食材として売られているミツバの根元を植えつけるのも手軽でよい。

収穫

草丈が20cm以上になったら、株元4~5cmを残して切り取って収穫する。収穫後、追肥をすると、再び新芽が伸びてきて、繰り返し収穫できる。

根ミツバを育てる場合

根ミツバを育てるときは、5月頃に種をまき、冬まで根株を養成する。茎葉が枯れたら取り除く。追肥は6月と9月頃に行うが、肥料に窒素分が多いと葉柄が太くなり、品質が低下するので肥料過多に注意する。翌年の2~3月頃、芽が出る前に15~20cm程度、盛り土をして、萌芽後、葉が土から出てきたら、株ごと掘り取って収穫をする。

プランター栽培

プランターで栽培する場合は、幅60cmのプランターで条間10~15cmの2条まきが目安。


スポンサーリンク