プチヴェールの育て方

投稿日:

栽培カレンダー

プチヴェールの栽培カレンダー
植え付け(関東) 収穫

基本情報

名称プチヴェール
画像
プチヴェールの写真
科名アブラナ科
草丈60~80cm
栽培適地日当たりの良い場所で育てる。冷涼な気候を好む。
発芽適温
生育適温
収穫時期わき芽の直径が4~5cmくらいの頃。
株間60~70cm
覆土
連作障害あり(2~3年空ける)
収穫量の目安1株から50~80個

生態・特徴

プチヴェール(プチベール)は芽キャベツとケールの交配種で、1990年に日本で作られた野菜。芽キャベツはわき芽が結球するが、プチヴェールは結球せずにバラのような形に広がる。プチヴェールは食用にするわき芽以外に、外葉もケール同様、青汁ジュースなどに利用できる。(関連記事:芽キャベツの育て方ケールの育て方

植付け・追肥

苗の植え付けは7~8月頃に行う。種は市販されていないので、栽培するときは苗からの栽培となる。プチヴェールは草丈80cmほどになり、倒伏しやすいので、草丈が30~40cmになったら支柱を立てる。追肥は植え付けの1ヶ月後に行い、以後、1ヶ月ごとに2回追肥を行う。

下葉の摘み取り

植え付け後、老化(黄化)した下葉は早めに摘み取る。下の方のわき芽が直径2~3cm程度に肥大してきたら、日当たりと風通しをよくするために、草丈の1/4から1/3を目安に、下の葉(外葉)を摘み取る。

収穫

わき芽が直径4~5cmくらいになったら、下の方からわき芽の根元を切り取って収穫する。わき芽を収穫後、順次、その上の葉も摘み取っていき、最終的に上部の葉10枚程度を残すようにする。葉は一度に摘み取ると、株が弱るため、わき芽の肥大状態に合わせて、摘み取るようにする。半分くらい収穫を終えたとこで追肥をすると、収穫が長く楽しめる。


スポンサード リンク

Copyright© 家庭菜園と実のなる木 , 2017 AllRights Reserved.