紅菜苔の育て方

投稿日:

栽培カレンダー

紅菜苔の栽培カレンダー
種まき(関東) 収穫

基本情報

名称コウサイタイ
画像
紅菜苔の写真
科名アブラナ科
草丈50~60cm
栽培適地日当たりの良い場所で育てる。冷涼な気候を好み、寒さには強い。適正な土壌pHは6.0~6.5。
発芽適温20~25℃
生育適温15~25℃。-5℃以下になると凍死する。
収穫時期とう立ちして、花が1~2輪咲いた頃。
株間30~40cm
覆土種が隠れる程度に薄く(好光性種子)
連作障害あり(1~2年空ける)
収穫量の目安1株から30~40本

生態・特徴

コウサイタイ(紅菜苔)はとう立ちした花蕾と花茎を食用にする中国野菜。冷涼な気候を好み、低温にあうことで茎の色(赤紫色)も濃くなるので、秋に種をまいて、冬から春にかけて収穫するのが一般的。赤紫色の花茎が特徴だが、加熱すると緑色に変わる。花茎には特有の甘みと風味があり、炒め物やおひたしなどに利用する。

種まき・追肥

種まきは9月中旬から10月上旬に行う。1箇所に4~5粒まき、発芽後したら間引き始め、本葉5~6枚で1箇所1本になるよう間引く。追肥は本葉5~6枚の頃と、主茎が伸び始めた頃に行う。

収穫

主茎が伸びて、花が1~2輪咲いたら、茎を長さ20cmくらいのところから折り取って収穫する。収穫が遅れると、硬くなり折れにくくなる。その後、伸びてきた側枝に花が1~2輪咲いたら、その付け根に1~2枚の葉を残して、順次摘み取って収穫していく。収穫が始まったら、月1回追肥して側枝の成長を促す。

プランター栽培

プランターや鉢で栽培する場合は、深さ15cm以上あるプランターで株間20~25cm、10号鉢で1株が目安。容器は大きいほど、株も大きくなり、収穫量も増える。


スポンサード リンク

Copyright© 家庭菜園と実のなる木 , 2017 AllRights Reserved.