ズッキーニの育て方

投稿日:

栽培カレンダー

ズッキーニの栽培カレンダー
植え付け(関東) 収穫

基本情報

名称ズッキーニ
画像
ズッキーニの写真
科名ウリ科
草丈50~60cm
栽培適地日当たりのよい場所で育てる。冷涼な気候を好む。乾燥には強い。適正な土壌pHは6.0~6.5。
発芽適温25~30℃
生育適温17~22℃
植付時期4月下旬から5月下旬
収穫時期開花後4~7日、果実の長さ20cm前後の頃。花ズッキーニは長さ10~15cmの頃。
連作障害出にくい
収穫量の目安1株あたり15本

植付場所

畝のサイズ畝幅(上面幅)90cm、畝の高さ10cm(1条植え)。
条間
株間80~100cm
覆土1cm(種の場合)

石灰散布量・施肥量

苦土石灰散布量100g/m²
元肥の施し方全面施肥
元肥化成肥料(8-8-8)100g/m²、ようりん50g/m²、完熟牛ふん堆肥2kg/m²
追肥化成肥料30g/m²(1回あたり)

主な品種

品種
特性
ダイナー 果皮は濃緑に淡緑の斑が入る。収量が多い。
オーラム 果皮は美しい濃黄色。収量が多い。ダイナーの姉妹品種。
ゴールディー 果皮が黄色の卵型ズッキーニ。病気に強い。
グリーンエッグ 果皮が薄緑色の卵型ズッキーニ。ゴールディーの姉妹品種。

生態・特徴

ズッキーニはウリ科カボチャ属に属するカボチャの仲間。カボチャは完熟果を食用にするが、ズッキーニでは未熟果を収穫して食用にする。普通のカボチャと違い、つるが伸びないため、つるなしカボチャとも呼ばれる。葉に見られる白い斑点は、病気ではなく、葉の模様。果実だけでなく若い花も食用になる(花ズッキーニ)。(関連記事:カボチャの育て方

土作り・畝立て

畑は使用する2週間前までに耕し、苦土石灰を適量散布して、土とよく混ぜておく(土壌酸度の調整)。1週間前になったら、元肥を投入して、土とよく混ぜ、畝を立てる(全面施肥)。

種まき・植え付け・追肥

育てるときは4月下旬から5月下旬頃に、市販の苗を植えつけるのが手軽でよい。種から育てる場合は4月上旬から下旬頃にポットに種を2~3粒まき、発芽後、本葉が出たら1ポット1本になるよう間引いて、本葉3~4枚になったら定植をする。定植後、風で主枝が振り回されないよう、短い支柱を立てて、株を固定する。追肥は定植の1ヵ月後から2週間に1回施す。

受粉

ズッキーニは雌雄異花なので、確実に受粉させる場合は、朝9時までに雄花の花粉を雌花の雌しべにつける人工授粉を行う。花の付け根に小さい実をつけた状態で開花しているのが雌花。

収穫

開花後4~7日程度、果実が長さ20cm前後になったら収穫をする。獲り遅れると株に負担がかかるので注意する。花ズッキーニは長さ10~15cmのものを花をつけたまま収穫する。

プランター栽培

鉢やプランターで栽培する場合は、幅60cmの大型プランターや10号以上の鉢で1株が目安。


スポンサード リンク

Copyright© 家庭菜園と実のなる木 , 2017 AllRights Reserved.