キウイフルーツの育て方

投稿日:

栽培カレンダー

キウイフルーツの栽培カレンダー
植え付け(関東) 剪定 開花 収穫

基本情報

名称 キウイフルーツ
画像
キウイフルーツの写真
科名 マタタビ科
分類 落葉樹(つる性)
結実年数 4~5年
受粉樹 必要
栽培適地 日当たりの良い場所で育てる。寒さに強く、東北地方南部以南で栽培できる。適正な土壌pHは6.0~6.5。
植付時期 12月上旬から3月下旬
収穫時期 果実がかたい状態で収穫して追熟させる。
結果習性 新梢に花芽(混合花芽)がつき、翌年、開花結実する。花芽分化は7月頃。

おすすめの品種

センセーションアップル 果重110~150g。果肉は黄色。別名アップルキウイ。収穫は10月。
紅妃 果重80~120g。果肉の中心が赤色。収穫は10月。
香緑 果重90~110g。果肉は緑色。収穫は10月。
孫悟空 雄品種。黄色系品種の受粉樹。
トムリ 雄品種。緑色系品種の受粉樹。

生態・特徴

キウイフルーツはもともと中国が原産で、20世紀の始めにニュージーランドに種子が渡り、その後、品種改良されて、世界に広まるようになった。一般にキウイと呼ばれることが多いが、正式名はキウイフルーツという。果実はさわやかな酸味が特徴で、おもに生食用として利用される。果肉は緑色の品種が多いが、赤色や黄色の品種もある。

キウイフルーツは雌雄異株で、結実させるには、実をつける雌木と受粉用の雄木の2本を一緒に植える必要がある。場所がないときは、雄木だけ鉢植えにすることもできる。

植え付け・肥料

苗木の植え付けは、12月上旬から3月下旬頃に行う。苗木は2~3芽残して切り返して植える。棚仕立てでは、支柱のそばに雌木を植え、支柱にまきつかせないよう、まっすぐ誘引する。肥料は毎年、11月に有機質肥料、2月に化成肥料を与える。

摘蕾

蕾がつき始めたら摘蕾を行う。1節に複数の蕾がついているときは、中心の蕾を残して他は摘みとり、1節につき1花にする。

受粉

開花したら人工授粉をすれば、より確実に受粉できる。人工授粉をする場合は、雄木の雄花を雌木の雌花につけて受粉させる。雄花1つで10花ほど受粉できる。

摘果

開花1ヶ月以内に摘果を行い、小果や傷果などを取り除く。最終的に80cm前後の枝で3~4果、50cm前後の枝で2果、30cm以下の枝で1果を残し、1m²あたり20~25果にする。

収穫

キウイフルーツは通常、追熟させてから食べる果物なので、果実がかたい状態で収穫をする。代表的品種・ヘイワードの場合は11月頃が収穫の適期。収穫するときは、果実を手で握り、親指で果梗を押すと、簡単に果実が離れる。収穫した果実は、15~20℃の室温に置いておけば2週間程度(品種によって若干異なる)で熟して食べられるようになる。エチレンを発生するリンゴ1個に対し、キウイ10個の割合で、一緒にビニール袋に入れておけば、さらに早く熟す(袋は果実が呼吸できるように穴をあけておく)。果実がやわらかくなったら、食べ頃となる。

剪定

剪定は12月下旬から2月上旬頃に行う。込み合った部分の枝を間引いて、全体によく日が当たるようにする。実がついた枝(収穫のときの果梗が残っているので分かる)は、実がついた節から3~5芽残して切り返し、実がつかなかった枝は8~10芽残して切り返す。仕立て方には棚仕立てや垣根仕立てなどが向く。

栽培記録

庭に小さなキウイ棚を作って、キウイフルーツ(品種ヘイワード)の苗を植え付け、収穫できるまで育ててみました。栽培記録はこちら


スポンサード リンク

Copyright© 家庭菜園と実のなる木 , 2017 AllRights Reserved.